2025年国際協同組合年(IYC2025)のページ

IYC2025パンフレットの発行について

 このほどJCAでは、パンフレット「2025年。国際協同組合年がやってくる。」を発行しました。

このパンフレットは、協同組合の組合員および役職員を対象として、2025国際協同組合年を前にした2024年における学習用資材として作成したものです。

 タイトルの「2025年。国際協同組合年がやってくる。」はワクワク感を表現しています。「2025国際協同組合年」(IYC2025)について解説するとともに、協同組合のアイデンティティを「学ぶ、実践する、発信する」運動への参加を呼びかけ、それが、協同組合への理解や共感を広げ、協同組合の組合員や事業利用者を大きく広げていくことを期待しています。

 2025国際協同組合年を宣言した国連決議において、協同組合は持続可能な開発等に貢献できる社会的事業体であると評価されており、SDGs達成に向けた協同組合の役割に大きな期待が寄せられています。

そうした、期待や評価の背景にあるのは「協同組合のアイデンティティに関するICA声明」であり、SDGsが基本理念としている「だれひとり取り残さない」は、協同組合が大切にしている、「一人一人の主体的な参加」「平等」「公正」「連帯」という価値観と合致しています。

 パンフレットでは、こうした背景も含めてできるだけ平易に解説しています。

 いろいろな場面で、各組織で自由に活用していただけるようPDFで提供します。

 特に、2024年7月の国際協同組合デーでは、多くの地域で集会やイベントが企画されています。そうした機会にぜひご活用いただければ幸いです。

 なお、印刷用データや編集可能データも今後ご提供する予定です。

 また、今後、2024年7月中旬を目途に、国連から国際協同組合年のテーマとロゴマークが発表されます。その際は、パンフレットを改訂する予定であり、詳細はこのホームページでお知らせすることといたします。

 

パンフレットはこちら