お知らせ

大分県で「協同組合における先進事例研修会」が開催されました。

 平成30年10月2日(火)大分県協同組合協議会は、「協同組合における先進事例研修会」を開催しました。これは昨年から活動を再開した大分県協同組合協議会が、会員の若手職員を集めて他の都道府県の協同組合間連携の先進事例を学び、自県の協同組合間連携活動に生かしていくことを目的として開催したものです。
 研修では、JCA協同組合連携部の佐藤主任研究員が「協同組合間の連携事例と実態調査の報告」と題して、協同組合間連携の先進6事例の解説と全国各都道府県の協同組合連絡協議会の実態調査結果について講義を行いました。続いて同協同組合連携部の文珠主任研究員が「協同組合間協同論」として、協同組合間協同の分類・生協とJAグループの産直、協同組合間協同のポイントについて講義を行いました。
 研修会終了後は、県協議会の事務局である大分中央会の麻生部長と宮成次長とJCAの講師で、今後の大分県における協同組合間連携についての聞き取り調査と、今後の活動について協議を行いました。

JCA 協同組合連携部