連携事例

協同組合間の連携事例

  • 01子どもの居場所づくりダウンロード

    生協+JA など
    • 茨城県の生協が社会福祉協議会、農協、行政と連携しながら進めている取り組み。
    • 高齢者や独り暮らしの方、赤ちゃん連れの方、子ども連れのご家族まで誰でも安心して参加できる居場所として、「地域の共食」「地域コミュニティの再生」の役割も担っている。
    • 地元農協から無償で食材提供をいただき、組合員の調理ボランティア、大学生による学習支援ボランティアに支えられながら運営している。
  • 02お魚殖やす植樹運動ダウンロード

    北海道漁連女性連+漁協+農協+森林組合+生協 等と連携
    • 北海道の漁連女性連では、1988年から道内各地で植樹活動を行ってきた。
    • 苗木を供給し植樹を指導する森林組合、水産物を購入する生協のほか、農協や行政、地域の諸団体も参加。
    • 協同組合間、さらにそれを超える幅広い連携のもと、豊かな森と海づくりが行われている。
  • 03高齢者の仕事づくり・まちづくりダウンロード

    ワーカーズコープ+JA+ろうきん+生協
    • 2014年に広島市でスタートした「協同労働プラットフォーム事業」をワーカーズコープが受託して行っている活動。
    • コミュニティ再生、居場所づくり、耕作放棄地の再生、障害者と家族の支援といった地域課題の解決のため、JA、生協、ろうきんなどの協同組合の協力を得て、住民主体の協同労働組織の立ち上げと運営を支援。
  • 04土壌スクリーニング・プロジェクトダウンロード

    JA+生協
    • 福島県の農協の取り組みを県の生協連が全国に支援を呼びかけ、日本全国から生協組合員・役職員が集まって活動した取り組み。
    • 状況に応じた的確な対策がとれるように、全農地を対象に、放射性物質を測定し、汚染状況を細かい単位で明らかにした「田畑の汚染マップ」を作成した。
    • 農産物の安全・安心確保対策が進み、地域の農業再生に貢献している。
  • 05豊かな海を育む森づくりダウンロード

    漁協+生協+NPO法人
    • 兵庫県の生協と漁協、NPO法人が共同して実施している取り組み。
    • 豊かな海を育むために森林の整備、植樹といった「森づくり」を漁協関係者と生協組合員、行政関係者が楽しみながら行っている。
    • この活動により、森や海への関心が深まり、自然を守る取り組みが地域に浸透。
  • 06地域の困りごと解決ダウンロード

    生協+医療生協+JA+社会福祉協議会
    • 2002年、生協しまねの組合員が発足させた取り組みで、「安心して子育てができ、年をとっても安心して暮せる、住んで楽しい地域づくり」を目指している。
    • 活動を進める中、多様な依頼に応える必要性から、医療生協、JA、社会福祉協議会など他組織との連携に発展。
    • 2014年7月、これらの団体による「地域つながりセンター」を設立。地域の問題をともに考えるフォーラムや子ども食堂を実施している。
  • 07フードバンクダウンロード

    NPO法人フードバンク埼玉
    • 包装の破損や印字ミス、賞味期限に近づいた等といった理由から、品質には問題がないにも関わらず廃棄されてしまう食品・食材を福祉施設・団体等や生活困窮者へ無償で提供する活動。
    • 企業や個人の社会貢献を推進することで、食品確保が困難な方々の役に立つという新しい食のリサイクルの形でもある。
    • 単に食料を提供するだけでなく、食料支援を通じて人と人とをつないでいる。