教育・研究データベース

再生可能エネルギー 農村における生産・活用の可能性をさぐる

再生可能エネルギー 農村における生産・活用の可能性をさぐる

榊田みどり・和泉真理 著 鈴木宣弘 監修 定価750円+税 A5版/64ページ

 「再生可能エネルギーブーム」の中で、エネルギー資源や土地の豊富な農村に熱い視線が送られている。しかし、農村が本当の意味で地域資源を生かし、再生可能エネルギーを生産して都市に送るばかりではなく、自らの地域活性化につなげるためには、農村は、身の丈にあった等身大のプラント建設による、エネルギー自給、エネルギーの地産地消を目指すべきである。

 本書は、こうした視点に立ち、農業者や地域が主体となり再生エネルギーを実践的に活用する事例を紹介し、農村の新たな地域づくりの可能性を示す。

目次
監修者巻頭言:自分たちの地域を守るのは自分たち(JC総研所長 鈴木宣広)
序章 農村で取り組む再生可能エネルギーの意義(榊田みどり)
1章 環境三法と畜産バイオマス発電の広がり(榊田みどり)
2章 木質ペレットで山と農と町をつなぐ(和泉真理)
3章 もみ殻ボイラーの持つ可能性(榊田みどり)
おわりに(和泉真理)